軽いコードレス掃除機おすすめ

軽いコードレス掃除機おすすめモデル5選【重量1キロ台】

軽いコードレス掃除機マキタ

 

「コードレス掃除機を買うなら軽い方がいい!」

 

男性なら重量が重くても問題ありませんが、女性・お年寄りは軽いコードレス掃除機の方が楽です。

 

重たいスティッククリーナーだと腕が疲れてくるので、掃除をすることが嫌になってしまいます( ̄▽ ̄;)

 

そこで今回は軽いコードレス掃除機が欲しいお母さんのために、1キロ台のモデルを紹介させていただきます☆

 

 

各掃除機メーカーの重量を公開

 

  • シャークニンジャ S30 約3.3キロ
  • ダイソン V10 約2.6キロ
  • パナソニック MC-VGS8000 約2.5キロ
  • 日立 パワーブースト 約2.1キロ

 

 

ダイソンのコードレス掃除機が重たいことは有名ですが、パナソニック・日立も2キロ以上あります。

 

シャークニンジャは約3.3キロと、生まれたての我が子より重いので、ガッチリした男性じゃないと厳しいでしょうね( ̄▽ ̄;)

 

 

  • マキタ CL107FDSHW 約1.1キロ
  • アイリスオーヤマ IC-SLDC4 約1.2キロ
  • SHARP ラクティブエア 約1.5キロ
  • 三菱電機 インスティック 約1.8キロ
  • 東芝 トルネオV CL1500R 約1.9キロ

 

マキタ・アイリスオーヤマ・シャープ・三菱電機・東芝のコードレス掃除機は2キロ以下!

 

特に軽いのが「マキタ CL107FDSHW」「アイリスオーヤマ IC-SLDC4」「SHARP ラクティブエアEC-AR2S-P」になります。

 

重量だけでみるとアイリスオーヤマ・マキタのコードレス掃除機が軽いのですが、そのぶん吸引力がイマイチなんですよね(汗)

 

シャープのラクティブエアは重量の軽さ・吸引力のバランスが良いモデルとなっています。

 

 

マキタのコードレス掃除機が軽い

 

軽いコードレス掃除機マキタ

 

重量が軽いコードレス掃除機といえばマキタです。

 

もともと業務用として使われていたので、デザイン性はイマイチですが、軽くて安いことから主婦に人気となってます。

 

ロングセラーモデルの「マキタ CL107FDSHW」はパイプ・ヘッドを除いた状態で1.1キロの軽さ。

 

それ以外のモデルでも、1.5キロ以下のコードレス掃除機が多く、価格も1万円台で買えるモノがほとんどです。

 

 

軽いぶん吸引力が犠牲(ぎせい)になってるのがデメリット。

 

しかしながらフローリング・畳を掃除するだけならマキタで十分です☆

 

じゅうたん・カーペット・ラグを敷いてる部屋が多い・ペットを飼っており毛が気になる・ロングヘアーの髪の毛を掃除したいなら、吸引力が強いモデルをオススメします♪

 

 

バランスの良いSHARPラクティブエア

 

SHARPラクティブエアEC-AR2S-P

 

「SHARPラクティブエアEC-AR2S-P」は重量が1.5キロと、マキタのコードレス掃除機より0.4キロ重いです。

 

しかしながら吸引力が強化されており、回転ブラシも採用されてるため、SHARPラクティブエアはマキタの上位バージョンと言われます。

 

 

マキタはサッシノズルしか付属品がありませんが、シャープには布団そうじヘッド・曲がるノズルなどのオプション品があるのも強い。

 

そのぶんSHARPラクティブエアは約2万8000円と価格が高くなります(マキタは2万円以下で買える)

 

必要最小限にして、軽くて安いのがマキタ。吸引力・オプション品を充実させた上位バージョンがシャープだと覚えておきましょう(*^▽^*)

 

 

アイリスオーヤマは故障が多い?

 

アイリスオーヤマIC-SLDC4

 

アイリスオーヤマのIC-SLDC4は、重量が1.1キロなので、マキタのコードレス掃除機なみに軽いです。

 

ただ中国の工場で作ってるので、耐久性に難ありという口コミをチラホラ見かけます。

 

あくまでもネット上での口コミであって、私自身はアイリスオーヤマの掃除機を使ったことがないので、なんとも言えませんけど…

 

逆を言うと、中国の製造業をリスペクトしてるなら買いかもしれません。

 

 

  • 軽量 ☆4.6
  • 使いやすい ☆4.3
  • 耐久性 ☆3.6
  • 総合評価 ☆4

 

※2019年3月のアマゾンレビュー評価

 

 

軽くて、使いやすいけど、耐久性はそこそこって評価のようです(汗)

 

マキタのコードレス掃除機にも、重量1.1キロのモデルはありますので、わざわざアイリスオーヤマを選ぶ必要はないような…

 

デザイン的には黒色で、マキタのコードレス掃除機よりカッコイイ気もしますが( ̄▽ ̄;)

 

 

 

三菱電機・東芝はハイスペックモデル

 

三菱電機iNSTICK ZUBAQ HC-JXH30P

 

アマゾンだと「三菱電機 iNSTICK ZUBAQ HC-JXH30P」は約5万5000円。

 

「東芝 トルネオV VC-CL1500R」は約3万6000円となっています(2019年4月現在)

 

なので三菱電機・東芝は、マキタ・アイリスオーヤマ・シャープよりも、ハイスペックだと思ってください。

 

 

  • マキタ 約1.1キロ 約1万4000円
  • アイリスオーヤマ 約1.1キロ 約1万2000円
  • シャープ 約1.5キロ 約2万8000円
  • 東芝 約1.9キロ 約3万4000円
  • 三菱電機 約1.8キロ 約5万5000円

 

上に書いたような感じで、マキタ・アイリスオーヤマ・シャープと比較したとき、東芝トルネオV・三菱電機インスティックは少し重く、価格が高くなります。

 

しかし吸引力・便利な機能・付属品アタッチメントが増えてるので、財布に余裕があるなら東芝トルネオV・三菱電機インスティックを選んだ方がいいです。

 

コードレス掃除機はサブ機として使う・フローリング・畳メインで使う・掃除機に何万円もかけるほど家計に余裕がないなら、マキタ・アイリスオーヤマにしましょう。

 

 

 

軽いコードレス掃除機まとめ

 

  • マキタ・アイリスオーヤマが軽くて安い
  • 安いモデルは吸引力がイマイチ
  • シャープはミドルモデル
  • 三菱・東芝はハイスペックモデル
  • サブ機で使うならマキタがオススメ

 

軽さ、価格の安さならマキタ・アイリスオーヤマのコードレス掃除機になります。

 

ただ安いモデルは吸引力がイマイチなので、フローリング・畳メインじゃないと厳しいです(汗)

 

SHARPラクティブエアはミドルモデル、三菱電機インスティック・東芝トルネオVはハイスペックモデルになります。

 

サブ機として軽いコードレス掃除機が欲しいなら、日本製のマキタで決まり☆

 


2019年版コードレス掃除機ガチ比較

どのコードレス掃除機を買うか悩む主婦



いざコードレス掃除機を買おうと思ったとき、色々なメーカーから発売されてて、どれを選べば良いか分からないと思った経験があります。

家庭によって「フローリングが多い」「じゅうたんが多い」「ペットを飼ってる」「小さな子供がいる」などさまざま。

「安さ」「軽さ」を重視する人もいれば、「吸引力」「キレイに掃除できる」ことを重視する人もいます。

「どのコードレス掃除機が我が家にピッタリなんだろう…」「失敗したくない」というお母さんのために、目的・用途別に比較しました。

ダイソンのどれを買うか迷ってるお母さんへ


ダイソンが良いのは分かったけど「V6・V7・V8・V10」のどのモデルを選べば良いか迷ってませんか?

そんなお母さんのために、↓の項目について独断と偏見で比較して、ランキングを作りました☆

  • 使用時間の長さ
  • 安さ
  • 軽さ
  • ゴミの捨てやすさ
  • お手入れ
  • ステータス性

同じダイソンでも、モデルによってスペック・価格・機能に違いがあります。

どのモデルを購入するか迷ってるママさんはチェックしてくださいね♪

page top