パナソニックMC-VGS8000WとダイソンV10の違いを比較

パナソニックMC-VGS8000WとダイソンV10の違いを比較

ダイソンとmc-vgs8000コードレス掃除機

 

「パナソニックMC-VGS8000Wを買うか、ダイソンV10を買うか迷ってる!」

 

そんなママさんのために、両者の違いを比較レビューします。

 

 

ちなみにMC-VGS8000Wは、パナソニックのコードレス掃除機では最上位モデルとなっており、アマゾンで調べたところ約5万9000円でした。

 

ダイソンV10は2019年4月の時点で、約4万6000円で購入することができます。

 

重量・連続使用時間・充電時間はほとんど同じなため、だったら人気のダイソンV10にしようって人が多いようです☆

 

 

ダイソンV10とパナソニックMC-VGS8000Wの比較表

 

ダイソン パナソニック
価格 約4万6000円 約5万9000円
吸込み仕事率

通常:28WA

 

MAX:130WA

ロング:10W

 

MAX:200W

連続使用時間

省電力:40分

 

通常:20分

省電力:50分

 

自動:18〜40分

重量 約2.6キロ 約2.5キロ
充電時間 約3.5時間 約3時間

 

※2019年4月現在

 

重量・連続使用時間・充電時間などのスペックは、ほとんど差がありません。

 

なので価格が安くて話題性があり、人気の高いダイソンV10を買う人が多いようです。

 

 

マキタシャープのコードレス掃除機は、安くて重量が軽いため「ダイソンは重たい…」というお母さんに人気です。

 

また同じパナソニック製のコードレス掃除機である、iT(イット)というモデルは、ヘッドがくるっと90度回転するため、家具のスキマを掃除しやすいメリットがあります。

 

そう考えるとパナソニックMC-VGS8000Wは、ダイソンV10との差別化ができてないように感じます(汗)

 

メイド・イン・ジャパンなので、耐久性・安心感を考えるとパナソニックの勝利ってところでしょうか? もうちょっと違いを見ていきましょう。

 

 

壁ぎわ掃除に強いのはパナソニック

 

ダイソンコードレス掃除機で壁際を掃除

 

上の画像はダイソンV10Fluffyのソフトローラークリーナーヘッドで掃除したときの様子です。

 

ちょっと見ずらいかもしれませんが、画像左下の赤丸のところに、少しだけホコリが残ってるのが分かると思います。

 

ローラーが壁際ギリギリ当たらないので、どうしてもキレイにしたいなら、付属品アタッチメントのすき間ノズルを装着するか、クリックワイパーを使うしかありません(汗)

 

 

新人いじめで精神を病んだ人

 

パナソニックMC-VGS8000Wには「ガバとり構造」があります。

 

壁に当たるとヘッドがガバッと開いて、ブラシが壁に密着するため、壁ぎわもキレイに掃除することができます。

 

私は壁ぎわの細かいホコリまでは気になりませんが、キレイ好きの旦那さんに「ちゃんと掃除したのか!?」と怒られることが多い、お母さんには嬉しい機能かもしれません。

 

騒音がうるさいのはダイソンV10

 

  • ダイソンV6 約80db
  • ダイソンV7 約75db
  • ダイソンV10 約77db
  • パナソニックMC-VGS8000 63〜69db
  • マキタCL107FD 約73db

 

ダイソンV10は標準モードで約77db(デシベル)

 

パナソニックMC-VGS8000Wは、自動モードで63〜69db(デシベル)となってます。

 

騒音がうるさいのはダイソン、静かなのはパナソニックと言うことになりますね☆

 

 

  • 80db 地下鉄の車内
  • 70db 騒がしい事務所
  • 60db ふつうの会話
  • 50db 静かな事務所

 

このような感じになりますので、ダイソンV10は騒音がうるさい。

 

パナソニックC-VGS8000Wは、騒がしい事務所より静かと言うことになります♪

 

 

付属品アタッチメントが多いのはダイソン

 

ダイソンV10 パナソニック
延長ホース
布団ツール
隙間ノズル
アップトップアダプター ×
コンビネーションノズル ×
ミニモーターヘッド ×
ベタすき間ノズル ×

 

ダイソンV10とパナソニックMC-VGS8000Wを比較したとき、付属品アタッチメントが多いのはダイソンとなります。

 

ダイソンV10のミニモーターヘッドは、布製ソファー・自動車のシートを掃除するのに便利なので、この点はダイソンが一歩リードですね〜

 

ただ使うことが多い、布団ツール・すき間ノズル・延長ホースは、パナソニックにもあるので問題ないでしょう。

 

 

ミニモーターヘッド・アップトップアダプター・コンビネーションノズルはダイソン専用の付属品なので、くわしくは「ダイソンコードレス掃除機の付属品ツール一覧表」を読んでくださいませ〜

 

パナソニックMC-VGS8000Wのベタすき間ノズルは、ソファ・ベットの下を掃除しやすいノズルとなってます☆

 

 

パナソニックの親子ノズルは便利?

 

パナソニックコードレス掃除機の親子ノズル

 

パナソニックMC-VGS8000Wは、画像のように足で踏んだ状態で、掃除機の本体を持ち上げるとヘッドが外れます。

 

ダイソンV10で家具と家具のスキマを掃除するときは、付属品アタッチメントに付け替える手間がかかります。

 

スキマを掃除することが多い家庭なら、パナソニックMC-VGS8000Wの方が楽に掃除できますよ☆

 

 

パナソニックとダイソン比較のまとめ

 

  • パナソニックMC-VGS8000Wの方が高価
  • 重量は両方とも2.5キロ以上で重たい
  • 連続使用時間、充電時間はほぼ同じ
  • 壁際のそうじに強いのはパナソニック
  • 音がうるさいのはダイソン
  • 付属品が充実してるのはダイソン

 

2019年の春にダイソンV11が発売したことで、V10は4万円台までプライスダウンしました。

 

パナソニックMC-VGS8000Wは、約6万円するので、ダイソンV10より高価になります。

 

重量・連続使用時間・充電時間はほぼ同じですが、ブランド力はダイソンの方が強いため、こちらを選ぶママさんが多いですね〜

 

 

パナソニックMC-VGS8000Wには「ガバとり構造」があるので、壁ぎわもキレイに掃除できます(ダイソンだと壁ぎわは吸い残しがある)

 

騒音がうるさいのはダイソン。 マンションに住んでて、近所迷惑が気になるお母さんはパナソニックがオススメ(*^▽^*)

 

付属品アタッチメントが充実してるのはダイソンになりますね。個人的にはミニモーターヘッドがあるのが大きい☆

 

 

重量・連続使用時間・充電時間はほぼ同じで、値段が安いのはダイソンV10なので、わたしはダイソンを買いました♪

 

マンションに住んでたり、夜中に掃除することが多いため、騒音が心配ならパナソニックのコードレス掃除機をオススメします☆

 


2019年版コードレス掃除機ガチ比較

どのコードレス掃除機を買うか悩む主婦



いざコードレス掃除機を買おうと思ったとき、色々なメーカーから発売されてて、どれを選べば良いか分からないと思った経験があります。

家庭によって「フローリングが多い」「じゅうたんが多い」「ペットを飼ってる」「小さな子供がいる」などさまざま。

「安さ」「軽さ」を重視する人もいれば、「吸引力」「キレイに掃除できる」ことを重視する人もいます。

「どのコードレス掃除機が我が家にピッタリなんだろう…」「失敗したくない」というお母さんのために、目的・用途別に比較しました。

ダイソンのどれを買うか迷ってるお母さんへ


ダイソンが良いのは分かったけど「V6・V7・V8・V10」のどのモデルを選べば良いか迷ってませんか?

そんなお母さんのために、↓の項目について独断と偏見で比較して、ランキングを作りました☆

  • 使用時間の長さ
  • 安さ
  • 軽さ
  • ゴミの捨てやすさ
  • お手入れ
  • ステータス性

同じダイソンでも、モデルによってスペック・価格・機能に違いがあります。

どのモデルを購入するか迷ってるママさんはチェックしてくださいね♪

page top