ダイソンV7とV6の違いを比較

ダイソンV7とV6の違いを比較【コードレス掃除機が欲しいママへ】

コードレス掃除機ダイソンV7

 

「ダイソンV6とV7ってなにが違うの?」

 

「V6ってダイソン公式サイトに載ってないけど、もう買えないの?」

 

 

ダイソンV6と比べてV7は吸引力が少し下がった代わりに、連続使用時間が4分アップして20分になってます。

 

またDysonV6のゴミ捨て方式だと中にゴミが残ってしまうことがありましたが、V7の新ゴミ捨て方式だとゴミがキレイに捨てれるようになりました。

 

細かい変更点はありますが、掃除をするお母さんにとって一番大きい変更点はココかな〜と思います☆

 

 

ダイソン公式オンラインストアに行くと、V10・V8・V7しか買うことができません。

 

しかしアマゾン・楽天市場で探すと、ダイソンV6も購入することができますよ(*^▽^*)

 

アマゾンで調べてみるとV7Fluffyが約3万8000円、V6Fluffyが約3万2000円なので、上位モデルのダイソンV7を買うことをオススメします☆

 

 

 

ダイソンV6→V7の変更点

 

  1. 吸引力が少しダウン
  2. 連続使用時間が4分アップ
  3. ゴミ捨て方式がレバー式へ
  4. 運転音が50%静かになった

 

ダイソンV6とV7の大きな違いは吸引力・使用時間・ゴミ捨て方式・音の静さです。それ以外のスペックはほぼ同じと思っておけばOK☆

 

Dyson6と比較したとき、ダイソンV7は吸込みパワーが少し下がった代わりに、連続使用時間アップ。

 

ヘッド装着時にV6は16分しか使えなかったのが、V7では20分使えるようになってます。

 

 

ゴミ捨て方式がワンタッチ式からレバー式になり、クリアビンに溜まったホコリをスクレイパーでこそぎ取ることで、残らずゴミを捨てれる。

 

うるさいと悪評が多かったV6ですが、V7になり運転音が50%静かになったのも大きな変更点です☆

 

 

ダイソンV6とV7のスペック比較表

 

V6 V7
吸込み仕事率 通常:28WA

 

MAX:100WA

通常:21WA

 

MAX:100WA

連続使用時間 通常:16分

 

強:6分

通常:20分

 

強:6分

重量 約2.3キロ 約2.4キロ
充電時間 3.5時間 3.5時間
ゴミ捨て ワンタッチ レバー式
稼働音 30%低減 50%低減

 

難しいことを書いても「?」となると思うので、赤字で書いた4箇所が違うと思っておけば大丈夫です☆

 

V6に比べてV7は吸引力ややダウン。連続使用時間アップ。ゴミ捨て方式がレバー式へ。音が静かになった。

 

これだけ覚えておけばOK! 細かいスペックなんて、主婦の私たちには関係ありませんから。大切なのは掃除したときの使い勝手です☆

 

 

吸引力が下がった代わりに、使用時間が4分アップ

 

ダイソンV7のバッテリー残量

 

ダイソンV6→V7に進化したことで、吸込み仕事率は28WA→21WAに下がってしまいました。

 

ただヘッド装着時の連続使用時間は4分伸びてるため、お掃除を長くすることができます。

 

ダイソンV7の方が重量が約100増えてますが、持った感じはほとんど分からないため問題ありません(*^▽^*)

 

 

V7やV8はゴミ捨て方式が進化してる

 

ダイソンV7ゴミ捨てスクレイパー

 

ダイソンV6はゴミ捨てをしたあと、シュラウドにホコリが残ることがありました。

 

ダイソンV7・V8の新ゴミ捨て機構では、画像で丸した部分にスクレイパーがあり、ゴミ捨て時にホコリをこそぎ落としてくれます。

 

V6だとシュラウドにゴミが残るので、ハケを使って掃除する必要がありましたが、V7以降のモデルにはスクレイパーがついてるのでお手入れが簡単になってます☆

 

細かい変更点ですが、ユーザーの声を反映しており、とってもGoodな改善になってます(*^▽^*)

 

 

うるさい騒音を50%カット

 

ダイソンV7の騒音がうるさい

 

ダイソンといえば運転音が「うるさい」ことで有名です。

 

「うるさいのはちょっと…」というお母さんのために、ダイソンV7では運転音を50%カットしてます。

 

騒音値でいうとダイソンV6が82デシベル、ダイソンV8が74デシベルとなってます(通常モード)

 

静かなほうが近所迷惑になりませんので、マンションに住んでて騒音が気になるお母さんはV7・V8をオススメします☆

 

 

お金に余裕があるならV8を買うべき

 

  • V6 約3万2000円
  • V7 約3万8000円
  • V8 約3万9000円
  • V10 約4万6000円

 

2019年3月にダイソンV11が発売したことで、V7・V8・V10の価格がガクンと下がりました。

 

上に書いたのは私が2019年4月にアマゾンで調べた価格ですが、V7とV8の値段がほとんど同じです。

 

スペック的にはV8が良いので、お金に余裕があるならdysonV8を買った方がいいですよ☆

 

くわしくは「ダイソンV8とV7の違いを比較」を読んでもらえると分かります(*^▽^*)

 

 

V6は2015年に発売されたモデルで、ゴミ捨て方式が古く、運転音もうるさいのでオススメしません(汗)

 

6000円上乗せすればV7・V8が買えることを考えると、わざわざV6を選ぶ必要はないような…

 

どうしても安くダイソンを買いたいなら、ダイソンV6も選択肢に入ってきますが( ̄▽ ̄;)

 


2019年版コードレス掃除機ガチ比較

どのコードレス掃除機を買うか悩む主婦



いざコードレス掃除機を買おうと思ったとき、色々なメーカーから発売されてて、どれを選べば良いか分からないと思った経験があります。

家庭によって「フローリングが多い」「じゅうたんが多い」「ペットを飼ってる」「小さな子供がいる」などさまざま。

「安さ」「軽さ」を重視する人もいれば、「吸引力」「キレイに掃除できる」ことを重視する人もいます。

「どのコードレス掃除機が我が家にピッタリなんだろう…」「失敗したくない」というお母さんのために、目的・用途別に比較しました。

ダイソンのどれを買うか迷ってるお母さんへ


ダイソンが良いのは分かったけど「V6・V7・V8・V10」のどのモデルを選べば良いか迷ってませんか?

そんなお母さんのために、↓の項目について独断と偏見で比較して、ランキングを作りました☆

  • 使用時間の長さ
  • 安さ
  • 軽さ
  • ゴミの捨てやすさ
  • お手入れ
  • ステータス性

同じダイソンでも、モデルによってスペック・価格・機能に違いがあります。

どのモデルを購入するか迷ってるママさんはチェックしてくださいね♪

page top