ボッシュのコードレス掃除機Unlimited(アンリミテッド)とダイソン比較

ボッシュUnlimited(アンリミテッド)とダイソン比較【コードレス掃除機】

ダイソンとボッシュのコードレス掃除機

 

「ボッシュのコードレス掃除機とダイソンどっちが良い?」

 

BOSCH(ボッシュ)はマキタと同じ工作機械メーカーで、コードレス掃除機も販売してます。

 

2019年の4月15日に新モデルのnlimited(アンリミテッド)を発売したので、ダイソンと比較していきます(*^▽^*)

 

 

ボッシュアンリミテッドは3種類ある

 

ボッシュアンリミテッドBBS1BASE

 

  1. BBS1123WJP バッテリー2個+充電器 4万5000円
  2. BBS123BJP バッテリー1個+充電器 4万円
  3. BBS1BASE 本体のみ 3万円

 

ボッシュのアンリミテッドは3種類のラインナップがあり、本体は同じで付属品が違います。

 

すでにBOSCH(ボッシュ)のコードレス掃除機。もしくは工作機器をもっており、バッテリー・充電器を持ってるなら本体だけの「BBS1BASE」

 

バッテリー1個+充電器が良いなら「BBS123BJP」がオススメ☆

 

バッテリー2個+充電器なら「BBS1123WJP」となります。

 

 

ボッシュUnlimitedとダイソンV11比較

 

ダイソン ボッシュ
吸込み仕事率 非公開 非公開
連続使用時間

省電力:40分

通常:20分

通常:37分

強:6分

重量 約2.6キロ 約2.9キロ
充電時間 3.5時間 1時間
集じん容量 0.54L 0.4L

 

※連続使用時間はモーターブラシ装着時

 

 

2019年4月にアマゾンで調べたところ、ダイソンV11は7万6000円。ダイソンV10は4万6000円となってます。

 

ボッシュのアンリミテッドは本体+バッテリー1個+充電器のモデルが4万円。本体のみで3万円となってます。

 

ダイソンV11と比較したらボッシュの方が安いですが、V10と比べたら値段はほとんど変わりません(汗)

 

 

同じ工作機械メーカーのマキタは軽くて、安いことで有名ですが、ボッシュのアンリミテッドは2.9キロもあります( ̄▽ ̄;)

 

ダイソンでも主婦から「重たい、腕が疲れる」と言われるので、2.9キロのボッシュはキツイでしょうね…

 

充電時間が60分というのは強みですが、マキタだと22分の急速充電なので、工作機械メーカーのわりには…って感じです。

 

軽くて、安い業務用のコードレス掃除機が欲しい方はマキタがオススメ☆

 

マキタとダイソンのコードレス掃除機の違いを比較

 

ボッシュUnlimitedの付属品の違い

 

BBS1223WJP BBS1123BJP BBS1BASE
価格 4万5000円 4万円 3万円
カラー
バッテリー 2個 1個 なし
充電器 ×
パワーモーターブラシ
コンビネーションノズル
すき間ノズル
布用ノズル ×
壁掛け用ホルダー ×
充電ケーブル ×

 

※価格はメーカー希望小売価格

 

 

「BBS1223WJP」と「BBS1123BJP」は価格・バッテリーの数・カラーリングが違うだけで、ほかの付属品は同じになります。

 

BBS1BASEはバッテリー・充電器・布用ノズル・壁掛け用ホルダー・充電ケーブルがない廉価モデルとなります。

 

本体のスペックはまったく同じなので、付属品でどのモデルにするか決めましょう〜

 

ちなみに別売りで18Vリチウムイオンバッテリー(2.5Ah)を買うと1万2000円。充電器が1万800円するので、セットになってるモデルを買った方がお得です☆

 

 

スイッチを押し続ける必要がない

 

ボッシュアンリミテッドのスイッチ

 

上の画像だけ見ると引いてるときだけスイッチがONになる、トリガースイッチに見えると思います。

 

しかしボッシュのコードレス掃除機はスイッチを押し続ける必要がないON・OFFタイプになります。

 

 

ダイソンはトリガースイッチを引いてるときだけONになるので、掃除中はずっとスイッチを引く必要があります(汗)

 

ダイソンのスイッチは軽いので、わたしは指が疲れたり、痛くなることはないのですが、ネットの口コミを見てると「指が疲れる…」という意見もあります。

 

なのでON・OFF式スイッチが良い人はボッシュのコードレス掃除機。もしくは他メーカーのコードレス掃除機がオススメ☆

 

 

ダイソンとボッシュの比較まとめ

 

  • ダイソンとほぼ同じ値段
  • 連続使用時間、重量もほぼ同じ
  • 充電時間が短いのはボッシュ
  • ボッシュはボタンスイッチで指が疲れない

 

ボッシュのコードレス掃除機をはじめて買う場合、バッテリー+充電器がついてる「BBS123BJP」を買うのがオススメ☆

 

価格が約4万円なので、4万6000円のダイソンV10とほぼ同じ価格になります。

 

連続使用時間・重量もほぼ同じで、充電時間が短いのはボッシュになるので、スペック的には大差がありません( ̄▽ ̄;)

 

2.6キロのダイソンでも重たいと言われるので、2.9キロのボッシュはかなり重いような…

 

 

ボッシュUnlimitedは、スイッチを押し続ける必要がないON・OFFボタン式☆

 

ダイソンはトリガースイッチを引いてる時だけ電源ONになるので、ずっと掃除してる指が疲れてくる人がいるようです。

 

けっこう軽いスイッチなので、私は指が疲れると感じたことはないのですが、人によって感じ方は違いますので( ̄▽ ̄;)

 

 

価格・連続使用時間・重量がほとんど変わらないことを考えると、人気の高いダイソンの方がオススメです♪

 

ほかの電動工具を持っていて、ボッシュに愛着があるなら話は別ですが…

 

ON・OFFボタンスイッチのコードレス掃除機ならマキタもあります。こちらはダイソンの半分くらいの重量で、1万円台で売ってます。

 

くわしくは「マキタとダイソンのコードレス掃除機の違いを比較」をチェックしてくださいね☆


2019年版コードレス掃除機ガチ比較

どのコードレス掃除機を買うか悩む主婦



いざコードレス掃除機を買おうと思ったとき、色々なメーカーから発売されてて、どれを選べば良いか分からないと思った経験があります。

家庭によって「フローリングが多い」「じゅうたんが多い」「ペットを飼ってる」「小さな子供がいる」などさまざま。

「安さ」「軽さ」を重視する人もいれば、「吸引力」「キレイに掃除できる」ことを重視する人もいます。

「どのコードレス掃除機が我が家にピッタリなんだろう…」「失敗したくない」というお母さんのために、目的・用途別に比較しました。

ダイソンのどれを買うか迷ってるお母さんへ


ダイソンが良いのは分かったけど「V6・V7・V8・V10」のどのモデルを選べば良いか迷ってませんか?

そんなお母さんのために、↓の項目について独断と偏見で比較して、ランキングを作りました☆

  • 使用時間の長さ
  • 安さ
  • 軽さ
  • ゴミの捨てやすさ
  • お手入れ
  • ステータス性

同じダイソンでも、モデルによってスペック・価格・機能に違いがあります。

どのモデルを購入するか迷ってるママさんはチェックしてくださいね♪

page top