シャークニンジャEVOFLEX S30とダイソンV10を比較

シャークニンジャEVOFLEX S30とダイソンV10の違いを比較

ダイソンとシャークニンジャのコードレス掃除機

 

アメリカで人気のシャークニンジャが日本にも上陸!

 

日本で大人気のコードレス掃除機ダイソンV10、シャークEVOFLEX S30の違いを比較レビューしました。

 

メイン機として使える、パワフルなコードレス掃除機が欲しいお母さん向けになります☆

 

 

吸引力はほぼ互角。軽いのはダイソン。価格が安いのはシャークニンジャ。

 

しゃがまずにソファー下を掃除できたり、折りたたんで収納できるのもシャークニンジャって感じです☆

 

 

ダイソンV10とシャークEVOFLEX S30の比較表

 

ダイソンV10 シャーク
価格 約4万6000円 約3万9000円
吸込み仕事率

通常:28WA

 

MAX:130WA

非公開
連続使用時間

省電力:40分

 

通常:20分

通常:19分

 

強:12分

重量 約2.6キロ 約3.3キロ
充電時間 約3.5時間 約3.5時間

 

※価格は2019年4月にアマゾンで調査したもの

 

 

Shark(シャーク)EVOFLEX S30はバッテリーが2個ついてきます。なのでバッテリー交換すれば通常モードで38分使えます(ヘッド装着時)

 

ダイソンV10とシャークEVOFLEX S30(型番 IF185J)の最大の違いは重量になります。

 

約2.6キロのダイソンV10でも重いと言われるのに、シャークのS30は約3.3キロ!

 

息子が産まれたときより重いぞ! シャークのコードレス掃除機!

 

 

吸引力はダイソンもシャークニンジャも強い

 

マキタ・シャープなどの国産メーカーは軽いけど、吸引力がイマイチであることが多いです。

 

なので軽さ・安さ重視で、フローリングしか掃除しない人は問題ないのですが、カーペット・じゅうたんが多い。ペットを飼ってる家では吸引力が物足りないんですよ(汗)

 

 

しかし海外製であるダイソン、シャークニンジャは吸引力が強く、パワフルです!

 

野球でいうとヒットを積み重ねるイチロー選手、一発逆転のホームランを狙うメジャーリーガーみたいな☆

 

 

シャークニンジャはヘッド交換しなくていい

 

シャークニンジャのデュオクリーンヘッド

 

画像の赤丸がソフトローラー、青丸がブラシロール

 

 

シャークニンジャEVOFLEX S30(型番 IF185J)はヘッド交換をしなくてもOK!

 

なぜなら写真のようにソフトローラー+ブラシロールが一体化されてるからです(デュオクリーンといいます)

 

ただ一体化されてるということは、重たくなるし、ブラシロールの硬い毛でフローリングを傷つける恐れもあります。

 

 

ダイソンV10はフローリング・畳用のソフトローラークリーナーヘッド。カーペット・じゅうたん用のダイレクトドライブクリーナーヘッドがあります。

 

なので用途に合わせて、ヘッドを付け替える手間が発生するのはデメリット。

 

そのぶん軽いし、床を傷つけることがないのはメリットですね。

 

 

家具の下が掃除しやすいのはシャークEVOFLEX S30

 

シャークニンジャのエヴォフレックス

 

シャークニンジャの最大のウリは、ボタンを押したらパイプが曲がることです。

 

ふつうのコードレス掃除機だと、パイプが当たるのでしゃがみ込んで掃除をしたり、付属品アタッチメントを装着する手間がかかりました。

 

しかしシャークニンジャEVOFLEX S30は、ボタンを押したらパイプが曲がるので、立ったまま家具の下を掃除できます。

 

 

腰が痛くてしゃがめない、おばちゃんにピッタリな機能なんですが、重量が3.3キロあるのがネックなんですよね(汗)

 

ガタイがいいアメリカ人、ガッチリした男性なら問題ないのですが、女性・高齢者だと重すぎて両手じゃないと持てないとアマゾンレビューに書かれてました…

 

ソファー、ベットの下をしゃがまずに掃除できる機能は便利なので、日本製の軽いコードレス掃除機に採用して欲しいですね〜

 

 

コンパクトに収納できるのはシャーク

 

シャークニンジャのエヴォフレックスS30

 

ダイソンV10にかぎらず、日立・パナソニック・三菱電機・東芝などのコードレス掃除機は、棒の状態で収納することになります。

 

しかしシャークニンジャEVOFLEX S30は、ボタンを押したら折りたたむことができます。

 

折りたたんだ状態で自立するので、壁に立てかけなくても収納できるメリットがあります。

 

 

ダイソンV10は専用スタンドに収納することになるので、けっこうスペースを取るんですよね(汗)

 

滑り止めゴムがついてるので、壁に立てかけるって人もいますが、どちらにしてもコンパクトに収納はできません。

 

この点もダイソン・シャープ・日立・パナソニック・三菱電機・東芝などにはない機能なので、ぜひとも国内メーカーにマネしてもらいたいです。

 

 

付属品が多いのはダイソンV10アブソリュート

 

ダイソンV10 シャークS30
ミニモーターヘッド
布団ツール
隙間ノズル
ホコリ用ブラシ
コンビネーションノズル ×
アップトップアダプター ×
延長ホース ×

 

ダイソンV10とシャークニンジャEVOFLEX S30の付属品ツールを比較。

 

アタッチメントが多いのはダイソンだと分かりました。

 

 

ただSharkのコードレス掃除機にも、ソファーの掃除に使うミニモーターヘッド・布団ツール・狭いスキマを掃除するノズルはついてます。

 

なので車内掃除に便利な延長ホース、エアコンの上を掃除するときに使えるアップトップアダプターくらいですね、ダイソンV10が勝ってるのは。

 

 

ダイソンV10の付属品ツール

 

上はダイソンV10の付属品ツールを使った様子になります☆

 

くわしくは「ダイソンコードレス掃除機の付属品ツール一覧表」を読んでくださいね☆

 

 

まとめ ダイソンVSシャークニンジャ

 

ダイソンV10アブソリュート、シャークニンジャEVOFLEX S30を比較した違いをまとめました。

 

  • 吸引力 ほぼ互角
  • 連続使用時間 ほぼ同じ
  • 充電時間 同じ
  • 重量が軽い ダイソン
  • 価格が安い シャークニンジャ
  • しゃがまずに掃除できる シャーク
  • 折りたたんで収納できる シャーク
  • 付属品ツールが多い ダイソン

 

吸引力・連続使用時間・充電時間はほとんど変わりがありません。

 

連続使用時間については、シャークニンジャEVOFLEX S30はバッテリーが2個付属なので、途中でつけかえれば2倍使えます。

 

 

重量が軽くて、付属品ツールが多く、いろいろなシーンで使えるのがダイソンV10

 

しゃがまずにソファー・ベット下を掃除できる。折りたたんで収納できるのはシャークニンジャになります。

 

 

ダイソンV10でもコードレス掃除機の中では重たいと言われます。

 

シャークニンジャはダイソンより重いので、重量が気にならないならオススメできます。

 

女性、お年寄りは家電量販店に行って、実際に持ってみた方がいいですよ。私はダイソンでも重いと感じたので、シャークニンジャはキツイと思います(汗)

 


2019年版コードレス掃除機ガチ比較

どのコードレス掃除機を買うか悩む主婦



いざコードレス掃除機を買おうと思ったとき、色々なメーカーから発売されてて、どれを選べば良いか分からないと思った経験があります。

家庭によって「フローリングが多い」「じゅうたんが多い」「ペットを飼ってる」「小さな子供がいる」などさまざま。

「安さ」「軽さ」を重視する人もいれば、「吸引力」「キレイに掃除できる」ことを重視する人もいます。

「どのコードレス掃除機が我が家にピッタリなんだろう…」「失敗したくない」というお母さんのために、目的・用途別に比較しました。

ダイソンのどれを買うか迷ってるお母さんへ


ダイソンが良いのは分かったけど「V6・V7・V8・V10」のどのモデルを選べば良いか迷ってませんか?

そんなお母さんのために、↓の項目について独断と偏見で比較して、ランキングを作りました☆

  • 使用時間の長さ
  • 安さ
  • 軽さ
  • ゴミの捨てやすさ
  • お手入れ
  • ステータス性

同じダイソンでも、モデルによってスペック・価格・機能に違いがあります。

どのモデルを購入するか迷ってるママさんはチェックしてくださいね♪

page top