ダイソンV10とアイリスオーヤマ比較

ダイソンV10とアイリスオーヤマIC-SLDC4の比較レビュー

ダイソンV10とアイリスオーヤマIC-SLDC

 

「ダイソンとアイリスオーヤマのコードレス掃除機はどっちがいいの?」

 

そんなお母さんのために「価格.com」のコードレス掃除機部門で、人気1位のダイソンV10(SV12FF)

 

人気11位のアイリスオーヤマのIC-SLDC4の比較レビューをします!

 

Amazonで調べたところ、ダイソンV10Fluffyが約4万6000円、アイリスオーヤマのIC-SLDCが約1万1000円です(2019年3月現在)

 

 

結論を言いますと、吸引力・省電力モードでの連続使用時間の長さ・ブランド力はダイソンV10の勝ち!

 

軽さ・安さ・充電時間の短さはアイリスオーヤマIC-SLDC4の勝ちとなります。

 

 

ダイソンV10とアイリスオーヤマIC-SLDC4の比較表

 

ダイソンV10 アイリスオーヤマ
価格 約4万6000円 約1万1000円
吸込み仕事率

通常:28WA

 

MAX:130WA

非公開
連続使用時間

省電力:40分

 

通常:20分

通常:20分

 

自動:30分

重量 約2.6キロ 約1.2キロ
充電時間 約3.5時間 約3時間
集じん方法 サイクロン式 紙パック式

 

 

連続使用時間、充電時間に多少の差はありますが、一番大きいのは価格・重量の違いです。

 

アイリスオーヤマIC-SLDC4はダイソンV10の半分以下の軽さで、価格は4分の1の安さ☆

 

ブランド力があるメーカーで、1万円前後のコードレス掃除機を売ってるのは、アイリスオーヤマ・マキタになります。

 

なので軽さ・安さを重視するなら、アイリスオーヤマ・マキタの2択ということになりますね〜

 

 

紙パック式なのはアイリスオーヤマ

 

またダイソンV10は集じん方法がサイクロン式ですが、アイリスオーヤマIC-SLDC4は紙パック式。

 

サイクロン式は紙パックの交換が必要ないため手間がかからないメリットがありますが、捨てるときに細かいホコリが舞ってしまうデメリットがあります。

 

紙パック式は交換の手間がかかるし、紙パック代もかかるのでランニングコストが必要になりますが、そのぶん捨てるときにホコリが舞わないので衛生的です。

 

「安い・軽い・紙パック式」のコードレス掃除機が欲しいなら、ダイソンよりアイリスオーヤマにしましょう。

 

アマゾンでアイリスオーヤマの価格をチェック

 

ただ「安い・軽い・紙パック式」で人気なのはマキタ製のコードレス掃除機です。

 

「マキタ? 初めて聞くメーカーねぇ…」というお母さんは、前に書いた「マキタとダイソンのコードレス掃除機の違いを比較」を読んでくださいね♪

 

 

アイリスオーヤマのコードレス掃除機は故障が多い?

 

アイリスオーヤマの故障が多いと悩む女性

 

アイリスオーヤマの大山会長は在日韓国人3世で、中国の工場で作ってるので故障が多いという情報がネットに書かれてました。

 

私はアイリスオーヤマのコードレス掃除機を持ってないため「実際のところはどうなんだろう?」と思い、アマゾンレビューを確認。

 

  • 軽量 ☆4.6
  • 使いやすい ☆4.3
  • 耐久性 ☆3.6
  • 総合評価 ☆4

 

※2019年3月のアマゾン評価

 

 

軽量・使いやすいコードレス掃除機なのは間違いありませんが、耐久性の評価はやや落ちるようです。

 

☆1つのレビューを見ると「1年持たずして壊れた」「3ヶ月で充電しても動かなくなった」という感想が書かれてました。

 

流石にそんなに早く壊れることはないと思うので、初期不良・ハズレを引いたんだと思います(汗)

 

 

ダイソンは72時間以内に故障修理してくれる

 

 

初期不良があったとき返品するのが面倒くさい。故障したら困るというお母さんは、シャープ・マキタの軽量モデルにした方が無難ですね☆

 

アイリスオーヤマはメーカー保証があるので新品に交換してくれたり、無料で修理をしてくれますが、発送するのが手間なんですよね(汗)

 

出張修理みたいな感じで、直接家にきて直してくれたら良いのですが…

 

 

ダイソンは保証期間中なら無料で修理依頼できる」でも書いてますが、ダイソンは送料負担で宅配業者の手配もやってくれます。

 

回収・修理・返却までを72時間以内にしてくれるため、国内メーカーのように1週間以上待たされることもありません。

 

たまにしか使わない家電ならまだしも、掃除機は毎日使うから、1週間以上待たされたら困りますよね( ̄▽ ̄;)

 

 

吸引力が強いのはダイソンV10

 

ダイソンV10でカーペット掃除

 

コードレス掃除機で吸引力が最高に強いのはダイソンです。

 

アマゾンレビューを見ると「リビングのじゅうたんの髪の毛はまったく取れなくて残念でした」「米粒すら吸い込めません」と書かれてました。

 

 

じゅうたん・カーペット・毛足が長いラグは、アイリスオーヤマだけでなく、マキタ・シャープのコードレス掃除機でも歯が立ちません。

 

フローリング・畳のみなら、吸引力が弱いけど安くて、軽いモデルでOK☆

 

貴女がロングヘアーだったり、ペットを飼ってる家庭で、じゅうたん・カーペット・ラグを敷いてるなら、吸引力が強いダイソンV10をオススメします。

 

もしくは吸引力が強い、キャニスター式掃除機(コード式)をメイン機として使って、サブ機として安いコードレスを使うかですね(汗)

 

 

うちはフローリングばかりだから吸引力は弱くてOK。

 

マキタ・シャープより、アイリスオーヤマが良いってお母さんはアマゾンでアイリスオーヤマの価格をチェックしましょう☆

 

 

ダイソンとアイリスオーヤマの比較まとめ

 

  • アイリスオーヤマは安くて軽い
  • 連続使用時間が長いのはダイソン
  • 紙パック式なのはアイリスオーヤマ
  • 故障対応はダイソンが良い
  • 吸引力が強いのはダイソン

 

ダイソンV11が発売したことで、型落ちモデルになったV10は安くなりました。

 

それでもアイリスオーヤマIC-SLDC4の安さには対抗できません。

 

アイリスオーヤマと同じくらい安いメーカーはマキタくらいしかありません(知名度の低いメーカーを除けば)

 

 

連続使用時間が長いのはダイソンですが、通常モードだと両メーカーとも20分使えます。

 

私は吸引力が下がるのがイヤなので、ダイソンV10は省電力モードではなく、通常モードで使ってます。

 

なので連続使用時間については、両メーカーとも互角になりますね(*^▽^*)

 

 

紙パック式のコードレス掃除機があるのはアイリスオーヤマ☆

 

ダイソン・日立・シャープ・パナソニック・三菱電機などはサイクロン式しかありません。

 

紙パック式はアイリスオーヤマのほかには、マキタくらいしかありません(知名度の低いメーカーを除けば。2回目w)

 

 

本当かどうか分かりませんが、ネットの評判を見るかぎり、アイリスオーヤマIC-SLDC4は故障が多いです。

 

ネットで買った家電製品が故障した場合、自分でメーカー発送をする必要がありますし、修理が終わって戻ってくるまでに時間がかかります。

 

ダイソンは送料負担で宅配業者の手配をやってくれる。また回収・修理・返却まで72時間以内なので待たされることもありません(*^▽^*)

 

 

ダイソンは吸引力が強く、ゴミの吸い残しがありません(*^▽^*)

 

カーペットに絡まった毛に強いので、じゅうたん・カーペットを敷いてる部屋が多い。もしくはペットを飼ってる家庭ではダイソンがオススメ☆

 

吸引力がイマイチでも、安くて軽い掃除機が良いならアイリスオーヤマにしましょう〜

 


2019年版コードレス掃除機ガチ比較

どのコードレス掃除機を買うか悩む主婦



いざコードレス掃除機を買おうと思ったとき、色々なメーカーから発売されてて、どれを選べば良いか分からないと思った経験があります。

家庭によって「フローリングが多い」「じゅうたんが多い」「ペットを飼ってる」「小さな子供がいる」などさまざま。

「安さ」「軽さ」を重視する人もいれば、「吸引力」「キレイに掃除できる」ことを重視する人もいます。

「どのコードレス掃除機が我が家にピッタリなんだろう…」「失敗したくない」というお母さんのために、目的・用途別に比較しました。

ダイソンのどれを買うか迷ってるお母さんへ


ダイソンが良いのは分かったけど「V6・V7・V8・V10」のどのモデルを選べば良いか迷ってませんか?

そんなお母さんのために、↓の項目について独断と偏見で比較して、ランキングを作りました☆

  • 使用時間の長さ
  • 安さ
  • 軽さ
  • ゴミの捨てやすさ
  • お手入れ
  • ステータス性

同じダイソンでも、モデルによってスペック・価格・機能に違いがあります。

どのモデルを購入するか迷ってるママさんはチェックしてくださいね♪

page top